キャッシングの在籍確認の電話がかかってきた時はどうしたらいい?

キャッシングを申し込んだ後の在籍確認の電話は具体的にどういう内容でどうやってかかってくるのでしょうか。できることならキャッシングしたという事は職場にはナイショにしたいものです。どんな業者、銀行も在籍確認の電話は申込者である利用者を不快にさせない電話のかけ方を熟知してます。

 

「こちら○○銀行の審査ですが△△さんはいらっしゃいますか?」なんて事は絶対にいいませんし「キャッシング審査の在籍確認です」なんて事もいいません。ごく普通の電話のようにかけてきてくれますがもしかしたら、たまたま取り次いでくれた人自身が以前キャッシングの経験があって「これってもしかして在籍確認?」と思う事が無いとは言い切れませんが大抵の場合職場に知られる事無く借りる事ができます。

 

徹底した職場に知られない在籍確認の電話のかけ方

どんな業者や銀行でも利用者が会社や家庭でキャッシングしている事が知られたら不快に思うということを熟知しています。利用者にとって不快な事をしないことはつまり利用者の満足度が高くなるということです。

 

こういった満足度はその業者や銀行の利用者満足度の評判に直結します。つまり業者や銀行は自分の評判を高めるためにも利用者の職場や家庭にキャッシングをしてることを知られないよう細心の注意をはらってくれるわけです。こういう理由からもキャッシングを知られたくない利用者は安心できるわけです。

 

在籍確認の電話に出るとき

 

自分が電話に出た場合

いざ在籍確認の電話がかかってきた場合、業者や銀行から尋ねられる内容の多くは「氏名・生年月日」です。在籍確認の電話のせいでキャッシングが発覚するのはこれが原因の場合が多いです。通常の業務でとりつがれる電話で氏名や生年月日を聞かれる事は普通なかなかありません。このやりとりを聞いていた周りが「あれ?これはキャッシングではないか?」と疑うケースがないとはいえません。

 

周りの人が納得できそうな言い訳を用意

キャッシング以外で氏名や生年月日をいう在籍確認がかかってくるようなケースを考えておきましょう。例えば「自動車ローンを組もうと思っていて」や「こないだ生命保険に入ったからその本人確認の電話がかかってきて」などがおすすめです。特に自動車ローンならば必ず確認の電話がくるものです。これなら何の疑いももたれません。ただ、その言い訳をした相手が車に興味を持つ人だった場合「何の車買うの?」といった具合に話が繋がることは想定しておいた方がいいかもしれません。

 

そもそもキャッシングは悪い事ではない

上記のように言い訳して誤摩化すような事よりは堂々とキャッシングの審査といえたらそれが一番ではないでしょうか。そもそもキャッシング自体は何も悪い事ではありません。在籍確認の電話を堂々と受けることは恥ずかしい事ではないのです。日本人の約1/3は消費者金融や銀行カードローン、クレジットカードのリボ払いなどの借金をしています。また住宅ローンを含めればなんと90%の日本人が借金をしているといわれているのです。

 

借金はとても身近で普通のことなのです。日本人はどうしても借金に対してマイナスのイメージを持ってしまいます。もちろん借金が少ない方が良いにこしたことはないですがキャッシングすることは特別なことではないという意識を持つべきです。今この一時お金に困って借りているだけだと堂々としましょう。このように堂々とすることによって職場に知られないようにしているよりも実際の生活が改善され借金の返済もはかどるものです。

 

収入の無い専業主婦の在籍確認

パートもなにもしてない専業主婦の場合、自身の収入はゼロですから夫の収入で借り入れをすることになります。これを「配偶者貸付」といいます。この場合夫の職場に在籍確認がいくのではないかと不安になる主婦の方が多いと思います。しかし実際夫の職場に在籍確認の電話をかける事はありません。

 

主婦ご自身の勤務先は存在しない訳ですから、ではどこに在籍確認の電話がくるのでしょうか?実は専業主婦の方のキャッシングの場合、どこにも在籍確認の電話はかかってこないのです。不思議な感じがしますがこれは夫の職場でもしもキャッシングが知られたら?と心配する主婦への配慮なのでしょう。

 

このように在籍確認の電話がストレスと感じる方は多いです。ましてや自分のキャッシングではなく奥さんのキャッシングの確認電話をこそこそと自分の職場で受けたくないというご主人は多いでしょう。業者や銀行はこういった利用者の心情を把握して配慮ある対応をしてくれます。会社勤めの方もも無収入の専業主婦の方も安心して申し込みできます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日