夫にバレずに専業主婦がキャッシングする方法

キャッシングの利用は、自身に収入があることが条件になります。主婦の人でもパートなどで収入がある場合、フリーターの人と同様の扱いになります。

 

借り入れを行える額は収入次第ですが、消費者金融からでも銀行からでも借り入れを行うことができます。ですが問題は収入のない専業主婦の場合です。この専業主婦がキャッシングを行う方法についてみていきます。

 

主婦でも利用できるおすすめのキャッシング!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

専業主婦は消費者金融から借り入れを行えません

自身に収入のない専業主婦は消費者金融からの借り入れを行うことができません。法律的に完全に借り入れを行えないという訳ではありませんが、専業主婦には貸し出しを行っていない消費者金融がほとんどです。

 

よって専業主婦の場合、銀行のカードローンを利用することになります。この銀行のカードローンでは、配偶者(夫)の収入により貸し付けを行う、配偶者貸付というシステムになっています。

 

配偶者貸付に必要な書類とは

専業主婦がこの配偶者貸付で借り入れを行う際に必要になる書類は、自分の身分証明書、配偶者との婚姻関係を証明するための書類として住民票や戸籍抄本などの公的な書類、そして配偶者である夫の同意書です。

 

この夫の同意書が必要なことで、夫に内緒で借り入れを行うのは難しいと考えてしまうかも知れませんが、この同意書が必要ない銀行があります。夫に借り入れを秘密にした場合、そういった銀行のカードローンを利用しましょう。

 

夫の同意書が必要な銀行のカードローン

 

以下の銀行のカードローンでは夫の同意書が必要になりません。

 

  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 東京スター銀行
  • 横浜銀行
  • イオン銀行
  • 楽天銀行

 

専業主婦への貸し出しに夫の同意を必要としない銀行は他にもありますが、主だった銀行はこの6行です。これらの銀行以外に申し込みを行うと、まず同意書の提出を求められると思ってください。

 

また上記の銀行の中で、住民票などの配偶者との婚姻関係を証明するための書類の提出も必要がない銀行があります。それは横浜銀行と楽天銀行で、この2行では専業主婦でも自分の身分証明書だけで借り入れを行うことができます。

 

夫への確認、連絡はありません

この配偶者貸付では夫に収入があることが条件になります。そのため夫の年収はもちろん、職場とその連絡先を申し込み時に記入しますが、在籍確認の電話などがいくようなことがありません。

 

申し込みを行ったのは妻である本人なので、夫であろうと他の人にキャッシングの申し込みを知らせるようなことはありません。これはもし返済を滞納したような場合でも同様で、夫にその連絡がいくことはありません。契約をした本人がきちんと責任をもって返済する必要があります。

 

女性専用カードローンがあります

女性専用のカードローン契約を扱っている消費者金融や銀行がありますが、基本的には通常のキャッシングと同様のものです。電話を掛ける際に応対するオペレーターが全員女性だったり、ネットの申し込みフォームが少々可愛らしいデザインになっていたりと女性に配慮している部分は見受けられますが、女性専用だからといって審査が甘くなるようなことは一切ありません。当然限度額や金利も通常のキャッシングと一緒です。

 

大手の消費者金融のプロミスやアイフル、また新生銀行のレイクではレディース専用ローンを扱っていますが、専業主婦の場合は借り入れは難しいです。銀行のカードローンの契約と同様に配偶者貸付制度を利用することになるので、夫の同意書が必要になります。

 

消費者金融では原則的に本人に収入がない場合は借り入れを行うことができません。これはレディース専用ローンでも同様です。また中小の消費者金融が行っている女性専用のカードローン契約では、利用できる額が少額に限られていることが多いです。そして金利が通常のキャッシングより高く設定されていることがあります。無理に女性専用のそのようなカードローンを利用するより、自身に収入がある女性の場合、通常のキャッシングを利用した方がいいでしょう。

 

専業主婦の場合は銀行のカードローンを利用しましょう

このように専業主婦の人が夫には秘密で借り入れを行いたい場合、通常の銀行のカードローンの利用をおすすめします。上にも書きましたが、横浜銀行と楽天銀行では夫の同意書、及び婚姻関係の証明書類も必要になりません。

 

ですが専業主婦が横浜銀行から借り入れを行える条件として、東京都、神奈川県、もしくは群馬県の一部の都市に住んでいる必要があります。この条件に該当しない場合は借り入れは行なえませんので、必然的に楽天銀行を利用することになります。

 

楽天銀行はネットバンクですが、現金の引き出しや返済にコンビニのATMが利用できるので、そう利用上不便なことはありません。また専業主婦への貸し出しの限度額は大抵の銀行では30万円ですが、楽天銀行では50万円までの借り入れを行うことが可能です。この限度額の面でも楽天銀行の利用がおすすめになります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日