郵送物に気を付ければ、まず家族バレはしない

キャッシングを利用する際に恐らく一番気にしていることは家族バレでしょう。キャッシングを利用するということは、どうしても後ろめたいことだと思ってしまう日本人の性質のせいだと言えますが、できるならば、内緒で全部済ませたいと思うものです。

 

もちろん、業界側もそれは十分に理解していますので、家族バレしないような対策を講じてくれてはいますが、利用者自身が家族バレしないように配慮しなければならない部分も存在します。それが郵送です。

 

家族バレの原因の最大の理由、ローンカードの郵送

ローンカードは、キャッシングの利用には必要不可欠なものです。そのため、郵送で送られることが一般的で、しかも本人限定便として送られてしまうため、家族の方が怪しんで、郵便物を開けてしまって明るみにでる、というパターンが起こりやすいのです。

 

もちろん、郵送物を郵便局で受け取る、という方法も立派な対策手段と言えるでしょう。ですが、他の手段として、消費者金融を利用する場合ならば、自動契約機を使ってローンカードをその場で発行する、という手段があります。こちらも少しだけ手間がかかりますが、そこまで難しい事ではないです。

 

郵送物から家族に知られてしまう可能性を無くすのであれば、郵便局で直接受け取る方法と、自動契約機を利用してその場で発行する、という二通りの方法があると覚えておいてください。

 

電話でバレてしまう場合

これは結構あり得るのではないか、と思われるかもしれませんが、実際には稀なケースです。なぜならば、自宅に電話が掛かってくる場合と言うのは、悪質な延滞を繰り返してしまった場合に限るからです。そもそも、延滞をしてしまうまでに、電話連絡があることは法律上禁止されており、まずあり得ないのです。

 

しかも、延滞をした後に電話が掛かってくるとしても、まずは必ず登録してある携帯電話の方に連絡が行くはずです。そちらで対処する、まだ返済の目途が立たないので、少し待ってほしいと伝えれば、金融機関もある程度は考慮して、待ってくれるのです。

 

ですので、そこできっぱりと伝えておけば、自宅に電話が来てしまうことはなく、なにも怯える必要はないのです。しかし、それを知らない場合、携帯の電話連絡ですらも対応しなければ、自宅に電話連絡が行ってしまう可能性があるのです。重要なのは、可能性がある、というだけであって、絶対に自宅に連絡が行く訳ではありません。

 

その後を延滞を続けたり、確実に返済をしてくれない、ということが確実だと思われてしまった場合にだけ電話連絡が行きます。以上から、かなり稀なケースに限られる、というのがよく分かりますね。ですので、電話バレ、ということはよっぽどな場合以外にはまずあり得ないと思っていただいて構いません。

 

銀行カードローンはバレ易い

これまでは、消費者金融に限って説明してきましたが、その理由に、消費者金融の方が家族バレはし辛い、ということが考えられるからです。逆に銀行カードローンの場合は、自動契約機がありませんので、家族バレをしてしまう可能性は非常に高くなってしまいます。

 

郵送物は避けられない

自動契約機がないので、基本的にローンカードは郵送で送られてきます。ですので、この郵送をカットする、という手段は基本的には郵便局で直接受け取る、という手段しかありません。もしも、郵便局に行くような時間を取れないのであれば、絶対に郵便物は家族の目に付いてしまいます。

 

その場合であっても、銀行カードローンの場合は、銀行口座のキャッシュカードとしても使えるようになっている場合が多いので、家族にローン機能も付ければポイントがもらえた、などの言い訳を考えておけば、少なくともキャッシングのためだけにローンカードを発行したとは思われないようになります。これも一つの対策手段でしょう。

 

三井住友銀行、三菱UFJ銀行ならば自動契約機がある

ただし、例外としてこの二つの銀行ならば、ローン契約機がありますので、消費者金融の自動契約機と同様に、その場でローンカードを発行することにより、郵送物を無くし、家族バレを防ぐことが可能です。もしも、郵送物による家族バレを防ぎたいのであれば、こちらの二つの銀行のどちらかのカードローンを利用し、ローン契約機を使うことで、郵送物のカット、ひいては家族バレの対策が可能です。

 

ですので、三井住友銀行、三菱UFJ銀行のカードローンを利用することはかなりオススメだと言えるでしょう。以上のように、家族バレをしないためには、基本的に郵送物さえカットすることができればいいので、自動契約機などを利用できる消費者金融や、銀行カードローンを選んで、申込みをすることが大切なのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日