消費者金融は50万円まで収入証明書なしで利用出来る!

キャッシングを利用した事のない人にはあまり知られていませんが、少額のキャッシングであれば収入証明書は不要です。

 

消費者金融では50万円までは収入証明をせずにお金を借りる事ができます。銀行の場合は最大だと300万円まで収入証明書なしで借入る事ができるのです。

 

もちろん無条件で貸してくれるわけではありません。例えば自営業などの収入が不安定とされる仕事をしている場合は収入証明が必要になります。お金を貸す側のリスクが高くなるので当然と言えば当然でしょう。

 

大手の消費者金融では収入証明なしで50万円借りられる

大手の消費者金融では50万円まで収入証明なしで借りる事ができます。具体的にはプロミス・モビット・アイフル・アコム・ノーローンの5社が50万円まで収入証明なしで借入可能です。レイクは消費者金融の枠ではないため100万円まで収入証明書なしで借りる事が可能です。

 

ではなぜ消費者金融では50万円まで収入証明書が不要なのでしょうか?実はこれ貸金業法という法律で定められているのです。この法律は2010年に改正されて1社からの借入が50万円を超える場合に収入証明書が必要になると定められています。

 

法律で決まっているため基本的には50万円をラインとして統一されることとなりました。もちろん業者としては30万円や10万円でも確認してはいけないというルールはありません。しかしコストや時間の問題があるため基本的に50万円より小さな額の融資ではいちいち確認をしていないという状態です。

 

銀行のカードローンなら300万円まで収入証明なし

銀行のカードローンは賃金業法とは別の法律で運営されています。そのため50万円で確認する必要がなく100~300万円で収入証明書を確認することになっています。

 

大抵の銀行では300万円を超える場合に確認しますが、一部の銀行では100万円ほどで確認するようです。

 

100万円で収入証明書が必要になる銀行

大手の銀行で100万円の借入でも収入証明書が必要となるのは三菱東京UFJ銀行バンクイックと住信SBIネット銀行Mr,フリーローンです。大手の銀行で100万円で収入証明書の提出を求めるケースはかなり少ないと言えるでしょう。
ただしこの他に地方銀行が100万円程度の借入で収入証明書を確認するケースはあるようです。

 

200万円で収入証明書が必要になる銀行

200万円で収入証明書を確認する大手の銀行はみずほ銀行のみです。
この他に地方銀行にもいくつか存在していますが、金額が半端なため採用している銀行は少ないようです。

 

300万円で収入証明書が必要になる銀行

ほとんどの銀行がこの300万円で収入証明書を確認するタイプです。これまでに記載していない大手の銀行は全てここに含まれると考えてよいでしょう。具体的には三井住友銀行・オリックス銀行・楽天銀行・イオン銀行・住信ネットSBIのプレミアムコースなどが挙げられます。

 

300万円での確認に設定しているのは2つの理由があります。1つはコストの削減です。確認の手間を省く事で確認コストが単純に削れます。次に経営状態が良いというイメージ戦略のためです。他社よりも低い金額で確認を行うことで印象が悪くなる事を避けたい狙いがあります。

 

三菱東京UFJ銀行などでは既にブランドイメージがあるため気にせずにリスクを最小限に抑えるための収入証明書の確認を行っているわけです。銀行としてはやはり収入証明書を確認したほうが借金回収ができなくなるリスクを回避しやすくなります。

 

これ以外に収入証明書が必要になる場合とは

例えば消費者金融では50万円までは証明書が不要であると説明してきました。しかしこれとは別に消費者金融からの借入の総額が100万円を超える場合にも収入証明書の確認が義務付けられています。

 

つまり2社からの借入が45万円ずつだった所に更に10万円以上借入をする場合は総額が100万円を超えてしまうため収入証明書が必要になるわけです。この総額100万円で収入証明書が必要になるというのも2010年の賃金業法の改正によって定められました。

 

この他、借入の金額に関係なく収入証明書が必要になるケースもあります。それが自営業などの個人事業主や会社経営を行っている場合などです。通常の会社員などと比べると収入が不安定で返済してもらえないというリスクが高まります。そのため業者としてはしっかりと収入を確認した上で審査をするため収入証明書の提出が求められます。

 

借入金額がいくらかというのは全く関係なく自営業などで生計を立てている人はキャッシングの際に必ず収入証明が必要になるでしょう。具体的に提出する必要がある書類は確定申告書の写しや納税証明書のようなものになります。

 

専業主婦がお金を借りる場合

専業主婦は当然収入がありませんからお金を借りられないと感違いしている人もいますが、実は夫に収入があれば借入が出来る場合があります。配偶者貸付という制度があり、夫と収入や借入額を合算して計算する方式を利用します。

 

この際に実は収入証明書が無くても審査を通過する事ができます。また銀行のローンを選ぶと中には夫の同意すら不要で契約できるものが存在しています。婚姻関係を示すための住民票と身分証明書のみでキャッシングをあっさり利用できます。ただし大抵の銀行では貸付金額が30万円までとなっています。一部の銀行、楽天銀行やイオン銀行では50万円まで貸し付けている場合もあります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日