初めてのキャッシングで妥当な希望額とは?

初めてキャッシングを利用する場合、10万円以内の希望であれば審査に合格できる可能性が高いといえます。

 

これには理由があり、キャッシングでは初めて利用する人はあまり信用されないからです。消費者金融や銀行は、初めて利用する人よりそれまでにキャッシングの利用経験がある人の方を信用します。

 

最短時間で借入れできるおすすめキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

10万円までなら初めてでも大丈夫です

普通に考えた場合、利用経験がある人より初めての人を信用しないというのはおかしな話だと思うかも知れません。キャッシングとは、要は借金です。それをしたことがある人の方を、今まで一度の借金をしたことがない人より信用するのはどうしてだと不思議に思っても当然です。

 

ですがキャッシング会社には独自の考え方があります。初めて利用する人は現在他からの借り入れこそありませんが、返済をしたこともありません。その点では今までに利用したことがある人は何度も返済を行ってきたということになります。

 

貸し出す側から見た場合、貸したお金をきちんと返済を行ってくれることが一番大切です。今までの利用経験を評価するのはこのためです。初めての利用の人は当然返済を行ったこともないので、この返済をきちんと行ってくれるかどうかが分からない部分があります。

 

もちろん過去に利用経験があるといっても、その利用中に返済の遅延があったような場合は話が別です。その場合は逆に評価を落とすことになります。利用経験が有利な評価になるのは、きちんと遅延せずに返済を行っていた場合に限ります。

 

このように過去にキャッシングに利用経験のない人は、まずは少額の借り入れで実績を積むことで、大きな限度額の借り入れを行えるようになります。初めての人には10万円以内を借り入れをおすすめするのはこのような理由からです。

 

車のローンや住宅ローンを抱えている場合は?

車のローンや住宅のローンを支払っている最中の場合、それらが多少審査に影響すると考えてください。そういった目的別のローンは総量規制の対象外なので、本来キャッシングで借り入れを行える額に影響を及ぼすことはありませんが、実質的に毎月の支払い額にプラスされる要素として考えられてしまうからです。

 

それらのローンの返済で遅延があった場合、キャッシングの審査では要素になります。そういったことがあった場合、それが元でキャッシングの利用が難しくなることがあります。キャッシングの審査では、過去の利用実績が大きく影響します。これは上に挙げたようなキャッシングやクレジットカードの利用、そして目的別のローンだけに限らず、あらゆる分割払いが対象になります。

 

例えば携帯電話の代金の分割払い契約や、TVショッピングの分割での支払いなども信用情報に全て記録されています。そのような支払いを遅延したことがあると、審査に影響が出ることがあるので注意してください。また収入額にもよりますが、上の目的別のローンのような月々の支払いにプラスされる支払い額が他に多いほど、審査を通過する可能性が低くなってしまいます。

 

1人暮らしの場合などは家賃がそれに当たります。審査の際には家賃を記入する欄があり、収入に対してそれが比較的大きいウエイトとを占めていると思われた場合、審査で不利になることがあります。

 

少額の希望の場合は消費者金融

10万円以内の借り入れが希望であれば、消費者金融の方がおすすめです。銀行のカードローンより審査を通過しやすいという点が一番の理由です。まずは審査に通らないことには借り入れを行うことはできません。消費者金融の審査の通過率は、銀行の約2倍という確かなデータがあります。

 

消費者金融の通過率が40〜45%なので、その半分となると、銀行からの借り入れはかなり厳しいと言わざると得ません。10万円以内のような少額の場合は多少この通過率は上がると考えられますが、それでも消費者金融と比べて厳しいことには変わりません。

 

そして審査に掛かる時間も大きなポイントです。消費者金融では最短30分で審査が終了するところも多いですが、銀行ではその日のうちに審査が終わらないことも珍しくありません。即日融資を希望するような場合、銀行では難しいことがあります。

 

金利の差はあまり関係ありません

消費者金融より銀行の方が金利が低くなっていますが、10万円以下の借り入れであれば、そう変わるレベルではありません。例えば10万円を借り入れた場合、消費者金融では18%の金利に設定されることがほとんどです。それに対して銀行では平均して約14.5%です。

 

この差は1ヶ月の金利額にして、約300円です。この金利額の差を考えるより、少しでも審査を通過しやすい消費者金融の方を選択した方が、実際に借り入れを行える可能性が高いといえます。またキャッシングの審査に落ちてしまった場合、その情報が記録されてしまいます。

 

それにより、その後のキャッシングの利用に問題が出てしまうことがあります。またキャッシングの利用だけでなく、各種のローンを組むような際にも影響を及ぼしてしまう可能性がないとはいえません。最初から無理に大きい金額や、審査に通りにくい銀行への申し込みを行うことで、これが記録されてしまう可能性があります。

 

そのため、初めてのキャッシングでは、10万円以下の借り入れであれば過去に各種の返済でトラブルを起こしたようなことがない限り、まず問題なく借り入れを行えると考えられる消費者金融の利用をおすすめします。

7万円借りれた場合の支払い優先順位

返済や支払が必要な状況になった時には、出来るだけそういったものは優先して払う事が望ましく、キャッシングで7万円借りる事が出来た時には何を優先的に支払うかとなれば、有利子支払いを優先させる事が先決と言えるでしょう。

 

ただし、光熱費支払いも滞るとなれば、まずはこちらを最優先させる事が必要であり、ライフラインの支払いが危なくなれば、心理的圧迫も強くなって心が荒むリスクがあります。五段階あるマズローの欲求から見ても、最も下にある安全や生理的欲求が満たせない状態というのは心身にとって悪影響ですから、ライフライン支払いは最も優先順位を高める返済です。

 

国から融資を受けて生活費補填出来る可能性

金融業者から7万円キャッシングを行ってもライフラインの支払いが出来ないという状態は、生活設計を建て直す必要がある状態と言えます。

 

こうした状況の場合には、さらにキャッシングを追加していっても雪だるま式に借金が増えて、最終的には借金返済の為の借金を高金利業者から行う事になりますから、安全性の高い国からの融資に頼る事が有効になります。

 

申し込みを行ってから3週程で生活福祉資金の融資を行って貰える可能性があり、生活困窮状態の場合はこうした融資を受けて、金利も非常に安いですから国からのサポートを受ける事も考慮しましょう。

 

多重債務は債務整理で処理も想定に

7万円のキャッシングでもライフライン支払いに困窮し、そこから生活福祉資金を受け取ったりサポートを受けても、さらに厳しいと言う場合は、借金整理や減額、利息免除等の債務整理という選択肢を想定する事も必要になります。

 

債務整理には色々な条件設定があり、任意整理や自己破産、個人再生と状況次第で行える借金整理を行う仕組みがありますから、家賃や携帯代、光熱費等を払えない程の状態の方は、すでに複数社からの借金に手が回らないという方も多く、こうした多重債務者は債務整理で生活を立て直す事も可能です。

 

法律に沿って行える権利でもありますから、数百万を超える借金に苦しんでいる場合は債務整理によって清算した方が有効であり、弁護士等の専門知識を持った方に頼ると良いでしょう。

 

借金総額を5分の1に出来る個人再生とは

債務整理の中でも個人再生を例に取ると、借金総額を5分の1にし、その変わりに5年以内に完済させるというような形で、借金負担を激減させる事が可能な整理方法です。ここで挙げた5年とか5分の1という設定に関しては、状況によって変化するものですから、例えとしてこのレベルで返済負担を軽減出来るという事になります。

 

現状ある多重債務合計が多くても、5分の1に削減されたら多くの方は返済出来る可能性が劇的にアップしますし、利息負担だけでも苦しんでいた多重債務生活から脱却出来れば、借金返済の事ばかりに頭を悩ませていた生活から脱却可能です。

 

軽い借金整理としては裁判所経由せずに債務者と債権者の2者間の話合いで、利息負担ゼロに負担軽減する任意整理や、裁判所介入のもとで行う規模の大きな整理等、様々な選択肢がある事を知っておくと有効と言えます。

 

返済計画を立ててお金の出入りを把握する

殆どの日本人は家計簿を付けない傾向にあり、これが他国と違って一生働き続ける傾向を作り出している最大の原因とも言えます。

 

そもそも生活費工面の為にキャッシングを行うというのは、自身のお金の出入りを管理把握出来て以内可能性が高く、例外的な病気などによって生活設計が狂ってしまったという場合以外では、大抵はいくら使っているかすら具体的に解っていない可能性があるのです。

 

まずは何にお金を使っていて、何を支払う必要があるか、記録に付ける事が最も安全なお金の管理方法と言えます。

 

必要な出費かどうかを意識して資金調整を行う利点

全てを現金でやりとりしている場合は、財布の中身が減れば節約し、財布に余裕があれば使ってしまうという形で、無計画なりにでも出費の歯止めが効きやすいです。ところがカードを使う生活になれば、一体いくら使っているのか解らなくなったり、直観的に買物をしてしまうリスクが高くなり、本当に必要なもので無くてもつい買ってしまうという可能性があります。

 

カードの利便性は魅力的であり、必要な出費かどうかの判断を狂わせたり、お金の出入りを意識しないと全く解らなくなって、明細書を見て初めていくら使っていたか気が付きます。家計簿を付ける事によって必要な出費を把握したり、資金調整を行える利点がありますから、家計簿記録を行う癖を付けると良いでしょう。

 

収入を得る方法を考える

節約思考ばかりでは収入アップに繋がらない事もあり、必要な教育や仕事道具等には出費を惜しまない事も必要と言えます。収入を増やす事が難しい時代であり、自身の仕事のスキルを高めたり、副収入を得る流れを作っておく事も必要ですから、お金は自身を高める上でも人脈作りにも必須ですから、収入を高めていく方法も考える事は必要です。

 

お金に働いてもらう意識

現在の社会では中年層が年金受給年齢になる頃に、現在水準で貰える可能性は無いと考えた方が良いですし、高齢になってもお金を稼げる力を身に付けたり、投資によってお金に働いてもらう意識を持って準備する事は望ましいと言えます。

 

節約ばかりでは収入も上がらず、自身や資産に投資してリターンを得る意識は有効ですし、自身の技術が通じなくなった場合でもお金がお金を産む資産を保有していれば生活が崩れないです。カード利用等も含めて、お金の出入りは若い時期から意識して生活する事も必要と言えます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日